Artifact Relic and Class Specialization Table

今までclass specが装備している武器をspecと一対一の対応で覚えておけばよく、それも比較的に直感的であったのですが、LegionではArtifact Weaponに装着するArtifact Relicのタイプに変わりました。Relicは3個つけられるので覚える量が3倍になった上に、武器と比べて非直感的なのでイチイチ覚えてられません。

ということで、Artifact RelicとClass Specializationの対応表です。

Class
Specialization
Artifact Relic
Arcane Blood Fel Fire Frost Holy Iron Life Shadow Storm
Death Knight
Blood 1 1 1
Frost 2 1
Unholy 1 1 1
Demon Hunter
Havoc 2 1
Vengeance 1 1 1
Druid
Balance 2 1
Feral 1 1 1
Guardian 1 1 1
Restoration 1 2
Hunter
Beast Mastery 1 1 1
Marksmanship 1 1 1
Survival 1 1 1
Mage
Arcane 2 1
Fire 1 2
Frost 1 2
Monk
Brewmaster 1 1 1
Mistweaver 1 1 1
Windwalker 1 2
Paladin
Holy 2 1
Protection 1 1 1
Retribution 1 2
Priest
Discipline 2 1
Holy 2 1
Shadow 1 2
Rogue
Assassination 1 1 1
Outlaw 1 1 1
Subtlety 2 1
Shaman
Elemental 1 2
Enhancement 1 1 1
Restoration 1 2
Warlock
Affliction 1 2
Demonology 1 1 1
Destruction 2 1
Warrior
Arms 1 1 1
Fury 1 1 1
Protection 1 1 1
Total 9 12 8 10 10 9 13 12 12 13

折角武器依存を無くしたのに、結構競争率に格差があります。ドロップレートにも差がついているんでしょうか?Fel、HolyあたりはGroup Lootあたりでは有利かもしれませんが、Personal Lootの場合は譲って貰えるクラスが少ないです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中