Quick Gearing Up until Item Level 630

Item Level 630あたりまで素早くgear upする方法を考えてみました。levelingを早くせよというわけではなく、無理なく効率性を重視したものです。先に結論を一言で言うと、Garrison Missionsだけはマメにやっておきましょう、に尽きますが。

 

Level 90~

Garrison Missions

必須と言っていいほどにやっておいた方が良いです。
時々成功報酬としてgear tokenが得られるMissionがありますが、followerの要求level 100でitem level 615のtokenが手に入ります。level 100になるまでに、これをかき集めておくと100になった瞬間にいきなり615近いitem levelにすることも可能です。
このため、followerをなるべく早い段階でlevel 100にしてやる必要がありますが、followerのlevelingは当然Missionに行かせまくることです。Missionに失敗しても経験値は入るので、Garrison Resourceに余裕があれば暇してるやつを成功率100%でないMissionにガンガン行かせるのがコツです。

followerがlevel 100になった後も、特定のitemでitem levelを上昇させることができます。何人かが一定以上のitem levelになるとさらに上位のMissionが出現し、item level 630, 645, 655といったgear tokenも出現するようになるため、これも狙えると良いです。が、よほどゆっくりやっていない限りはその前にItem level 630は到達していることでしょう。

Garrison Work Orders (Profession)

Item level 640、武器は630のgearを作るために序盤からコツコツとmatsを溜めておきます。自分のProfessionがベターですが、自分のProfession以外でもSmall Buildingを建てることでgearが作れる場合もあるのでclassやroleを元に要検討。ゆっくり進めているとLevel 100になる前にこれらのprofession gearを作れるようになりますが、Level 91から装備できます。

profession gearは苦労して作った割にraidに行くとあっさりとより強いgearが手に入ったりして悲しいことになったりします。これらはupgradeすることが可能で655, 670と上げてHeroicあたりまでは通用するgearにできますが、これまたmatsを集めるのが大変なので割愛します。

 

Level 92

Garrison Town Hall Level 2 Upgrade

Small Buildingの数を増やすために早めにStorylineを進めてupgradeさせます。次はlevel 100までナシ。

 

Level 96

Getting Salvage Yard Plan

Small Buildingがgear作成用にProfessionで2つ埋まっていない場合はSalvage Yard Planを最速で取りに行きます。Garrison Mission終了時に追加でItem Level Upgrade Itemを手に入りやすくするのを期待できます。Level 3までupgradeすると、ごく稀にItem Level 665のgearが出ますが、極めて確率が低い上に自分のclassにあったgearが出るとは限らないので期待しない方が良いです。

Small Building Upgrade

速攻でLevel 2にあげます。Level 2からfollowerをアサインすることでWork Orderにボーナスがつくようになります。実は今のところ、開封する瞬間にfollowerがアサインされていればボーナスが付き、得られるmatsが増加するので、Missionが人手不足の場合は小まめにアサインを切り替えましょう(そして忘れる)。followerのlevelによってボーナスが入る確率が変わるので、なるべくアサイン対象のfollowerのlevelingを優先してやると良いです。

 

Level 98

Legendary Quest

Normal DungeonのSkyreachを普通にクリアしてlootするだけでItem Level 640のringが手に入ります。やったね。

 

Level 98~100 (~Item Level 610)

Nagrand Quests

Item Level 600前後のgearが手に入るquestが結構あるので、なるべくそれらを優先してやります。T16 Mythicを頑張った人は、ここらでようやくgearが入れ替わり始めますので重要です。

Normal Dungeon

といってもSkyreachだけしかないので、繰り返してやるのはつまらないのでほどほどに。

 

Level 100 (~Item level 610)

Proving Grounds

BronzeでItem level 610の武器が貰えます。Heroic Dungeonの条件にもなっているSilverも簡単なので、ついでに取ってしまいましょう。

Normal Dungeon

600~615までが期待できます。これ以外ではなかなか上昇手段が無いので、Garrison MissionとProfessionで一気にすっ飛ばしたい域です。

World Boss

Item Level 650。Blackrock Allianceでこいつを倒すのは大変なので、Pre-made Finderから他のrealmで一緒にやるのがいいでしょう。WaではHeurekaさんにお世話になっています。

 

Level 100 (Item level 610~)

Heroic Dungeons

Item Level 630のgearが出るので伸びがいがあります。pugではこいつ本当にProving Grounds: Silver取ったのか?というような輩も結構いますが、前よりは大分マシです。

Legendary Quest

Heroic Dungeon 4カ所とApexis Crystal集めです。これやってると嫌でもHeroic Dungeonのgearが手に入るでしょう。Chapter 1終了後のQuestで680のringが手に入ります(前に貰った640 ringは無くなる)。

ちなみにApexis Crystalは集めることで、Item Level 630のgearと交換できますが、普通にやっていても1週間以上はかかるfarmが必要なので、無理してやる必要はないです。
farmingしていると、Garrison Invasionなるものが発生して645 gearが手に入る可能性がありますが、その頃にはもう630くらいにはなっているでしょう。

Honor / Conquest gear

Honorは620でConquestは660です。PvPなんとかとかいう訳の分からんパラメータが排除されたので、案外普通に使えます。PvP Realmではフィールドで対人戦が始まるといきなりステータスが上昇して強くなります。

 

Level 100 (Item level 615~)

LFR

サルでも出来る難易度なので、適当に。こんなに簡単なのにItem Level 640が手に入ってしまって良いんでしょうか。

広告

Highmaulの場所

私のWoWの嫌いなところの一つは、Instance zoneがWorldの何処にあるのかさっぱり分からん、ゲーム内・ゲーム外どちらでも全く説明が無いというところです。

今回のWoDではHighmaulが最初のRaidコンテンツとなっていますが、ゲーム内でそれを知る機会が全く無い。仕方がないので、Highmaulってどこにあるの、とググってみても出てくるのはインスタンス内の紹介ばかりで、一体何処に行ったらそこにいけるのかちっとも触れられていません。精々Nagrandにあるんだよ程度に文字で書かれているだけです。地図で示せば一目で分かるのになぜそうしないのか。

で、肝心のHighmaulの場所はこちらです。わざわざ現地まで下見に行って来ました。
画像をクリックすると拡大して表示出来ます。

Wow-HighmaulLocation

今回はまだ飛行もない上に、この辺はLevel 100 Eliteがうろついているのでなかなか近寄り難い場所ですが、各自徒歩で行けるようになっておいて下さい。Meeting Stoneは当然ありますが、速やかに到達出来たのが一人だけ!とかでは困るので。

Warlords of Draenor Heroic Raid

やります!

WoDが始まってBlackrock Allianceもささやかな賑わいを見せているようにみえますが、Waでも引き続きHeroic Raidをやるつもりです。
既にギルドメンバーと以前参加して下さった方にはRaid活動への参加確認のカレンダーイベントが設けられていますので、そこに可否をポチッと押して頂けると、ロール調整が捗ります。イベント来てねーぞという人は、単なる登録漏れ忘れですのでお手数ですが連絡下さい。

参加メンバーは随時募集しておりますので、新規に参加したい方はご連絡下さい。詳しい要項は、Open Raidにあります。
そのページの下の方にリンクされているSpreadsheetにはTacticsが記載されているので、参加者は各自予習しておくとなお良いです(本当は予習必須なんだけれど…)。

もちろんNormal Raid (Flexible)も行いますが、こちらは人数の許す限り飛び入りでの参加も可能です。多分。

Mythic Garrosh Hellscream kills

Wow-MythicGarroshHellscream

みんぱさん、やりました。
Mists of Pandaria最終週にしてニッチなBlackrock-US Alliance 1stです。

MythicはHeroicまでにはないPhase 4 (Stormwind)があることで有名ですが、誰もが未経験なのでコツを掴むまで手を焼きました。前週にはP4の動きも決まってきて、あとは時間の問題だろうという手応えを感じていたのですが、昨夜にスパッと1 shot kill。
余った土日はどうするんですかね。

もうあまり必要性を感じませんが、Tacticsです。MythicではDPSの人数に物を言わせて倒します。

  1. P1はHeroicまでと同様。Engineerが結構タフなので、3人くらいDPSが必要です。
  2. Intermission 1回目は必ずJade Serpent。Corruptionの上昇が早いので、4グループに分けて4カ所のaddsを同時に倒します。中央はTankで。
  3. P2もHeroicまでと同様。Mythic 20人の場合、Desecrated Weaponを飛ばす人数条件は6人なので、RangedとHealer合わせて6人で誘導して、DPSに集中します。次のIntermissionまでにP3へ。
  4. P3もHeroicまでと同様。10manよりもaddsが沢山出るので、Empowered Whirling Corruptionが始まる前に散開しておくと倒しやすいです。2回目のEmpowered Whirling Corruptionが来る前にP4へいけると楽です。
  5. P4はMaliceが始まるまで端に全員が固まって端にボスを誘導します。Maliceと同時にHeroism。Maliceの対象者は絶対に動かないこと。他の人は円周の近くへいき、3秒ほどのdebuffがついたらdebuffが切れる前に外へ、切れたら再び中へと繰り返します。
    debuffが切れたときに中にいると即死級のダメージですし、最低数人は中にいないとraid damageが発生します。これに失敗するとGarroshのエネルギーが早く溜まっていくので、各自が対処出来るようになるまでは倒せません。
  6. Bombardmentで隕石が降り注ぐので、全員当たらないように散開してマップの反対側へ移動。Maliceはまだ微妙に残っているので何人かは散開しきらずに対象者と同行します。
  7. Iron Starが出たらOTが抱えてkite。Garroshのエネルギーが100になると同時にaddsを大量に呼ぶcastをするのでその時にGarroshにぶつけます。ぶつけやすいように全員MT側に集まり背を空けておきます。
  8. 再びMaliceが始まるので対処しながらあとは倒すだけです。

Wow-MythicSiegeOfOrgrimmar

HeurekaさんとA to Zさん、No MAAM、他ヘルプに来て下さった沢山の方々がいなければここまで辿り着けませんでした。本当に有り難う。

Mythic Siegecrater Blackfuse and Paragons of the Klaxxi kill

MythicSiegecrafterBlackfuse

MythicParagonsOfTheKlaxxi

まとめてしまうあたりに適当感が漂いますが、以前のHeroicでやっていたことと比べると実に適当で簡単です。
Mythicは20人なので、その人数を揃えるのが一番大変ですが、残り少ないSoOはHeurekaさんと合同でやることでMythic Raid出来ています。Mythicでは、Sha of Prideのようにどう見ても旧25人用に調整されたギミックがそのまま20人になっても残っているような、ちょっと面倒なボスもいますが、基本的には以前のNormalよりも簡単な印象です。

Siegecrater Blackfuse

  1. Assembly Line組が失敗すると、その時点でもうwipeなので失敗しない。
    weaponが全て出てくる上に、ボスにReactive Armor(90% damage reduction)がつくからです。
  2. 主にRangedでミサイルとマインを最優先で破壊する。
  3. あとはみんなで頑張って避ける。

Paragons of the Klaxxi

  1. Dissector、Bloodseekerの順にごり押しで倒す。Dissectorは最早サソリにされる前に秒殺できるので、小難しいことは考えなくていいです。
  2. PrimeとSwarmkeeperを同時にDPSして(HP要調整)、SwarmkeeperにEncase in Amber(Mythicでは壊せなくなる)を使わせたら全員Primeにスイッチして倒す。SwarmkeeperのRapid Fire(低速と中速の弾を混ぜた全方位弾)的にMeleeがPrime、RangedがSwarmkeeperをDPSするのがいいでしょう。
  3. 惰性でSwarmkeeperを倒す。
  4. Poisoned Mindを倒す。毒使われたらちゃんと対処しないといけないのですが、結局適当なまま。バタバタ死んでも気にしない。
  5. LucidをHeroismを使って速攻で倒す。20人だとInsane Calculation: Fiery Edge(ビーム)の数が多い上に、他のabilitiesと組み合わさると凶悪です。ターゲットされた人は極力動かないようにしてDefensive Cooldownを使いましょう。Healerも順次Healing Cooldown。
  6. Manipulatorを倒す。虫に食べられそうな人をちゃんと助けないと駄目なのですが、結局適当なまま。バタバタ死んでも気にしない。
  7. Wind-Reaverを倒す。回ったら吸い込まれるので、後退キーではなく、横や前に走って吸われないようにする。
  8. 残りのどうでもいいやつを倒す。

このRaid reportsは主に、参加出来なかった人、新規に参加する人向けに毎回時間を割いてtacticsの説明をするのがもったいないのでまとめているのですが、適当っていいですね。

6.0 Enhancement Shaman impression

6.0が始まってskillが減りました。やること少なくなって暇になったと皆口々に言います。
間髪返しましょう。enhやれ!と。

Enhancement Shamanも例に漏れず、幾つかskillが無くなりました。
が、元々アクションバー一杯出してskillでぎっちり埋めて、しかもそれを全部使うようなspecだったので、skillが減ったのはむしろ有り難いです。しかもskillが減ったとはいえ、それらはRockbiter WeaponだったりBind Elementalだったりと、超どうでもよかったskillが主です。
Healing Tide Totemが無くなりAncestral Guidanceがnerfされたのは、いざというときのoff healとして手痛いですが、DPSとしてのrotationは特に変化が無いです。むしろ、6.0ではMoPよりも唯一(?)忙しくなったspecになっています。

Enhancement Shamanのコンセプト:
MeleeにしてCaster。Dual Weildingの重い武器を高速で振り回しつつCooldownのある各種instant skillを連打する。

MoP (5.x)でのメカニズム:
戦闘中はHasteが何百%にも上昇して、超高速で殴りまくる。

WoD (6.x)でのメカニズム:
超高速でskillを人力連打して殴りまくる。

これはFlurryのデザインが変更されたことに起因します。
MoPまでは平たく言うと、何かしらCritical Hit時にprocしAttack SpeedとHasteが上昇するというpassive skillで、実情は他のskillとのシナジーで常時procしている自動Slice and Diceでした(Rogue涙目)。
これがWoDでは、Hasteに応じてCooldownとGCDを減らすデザインに変わりました。
現在のIcy Veins推奨のHaste 50%時の主要rotation skillのCooldown, GCDは大体次のようになります。

Skill: MoP Cooldown→WoD(level 90, Haste 50%) Cooldown

もう一度言います。Enhancement Shamanのrotaionは変わっていません。つまり、これらのinstant skillを入力しなくてはならないペースは平時約1.5倍、Heroism時約2倍になりました。
enhはMoPでも、Caster specはもとより、Melee specの中でも比較的忙しい(せわしない)specでしたが、6.0ではさらに忙しくなっています。
MoPでは偶に全てのskillがcooldown中で、暇だからtotem置いたりMaelstrom Weapon
が溜まりきっていないLightning Boltでも撃っておこうか、みたいな時間も時々あったのですが、6.0.2ではそんな暇も無くなりました。
とにかく連打連打、連打がDPSの上昇に直結します。

 

ところで、Icy VeinsではHaste 50%を推奨していますが、これは何故でしょうか。
これはAscendanceによるバーストを考慮しているからではないかと考えています。Ascendanceによる強烈なバーストメカニズムについては以前記事を書いたのですが、消えてしまいました…要するにMasteryが適用されてArmor Bypassによって威力が跳ね上がるStormblast (Stormstrike)とAutoattackがミソなのですが。
Haste 50%の時、Windstrike (旧Stormblast)のCooldownは7.5secから5secになります。Ascendanceの効果時間は15secなので、Haste 49%まで3発しか撃てなかったWindstrikeは、Haste 50%以降は4発撃てるということになります(StormblastのCooldownは8secだったので2発)。
ちなみに、さらっと名前が変わっていますが、MoPのAscendanceのStormblastとAutoattackは強すぎると判断されたらしく、WoDではWindstrikeとかいう格好悪い地味なskillに替えられ、Masteryが適用されないPhysical attackのArmor Bypassとなり大幅に弱体化しました。それでも今のところは相変わらずのバーストのようですが。

Level 100ではHaste rateが変わるはずなので、現在の気が狂ったような連打は不要になる…と思いたいところですが、暇だ暇だと嘆いている方はenhをやってみると良いんではないんでしょうか^^

In my early days

「某所によると、4年くらい前までHordeの当時の大規模raid guildにいたことになってるけど、移ってきたの?」
私も以前からこのことを知ってはいたのですが、何でそんな見当違いなことになっているのでしょうかね。かつては同じ名前の人がいたのでしょうか。同じRealmだと同名のキャラクターは無理だから、既に削除でもされたんでしょうか。
凄く個人的な内容ですが、良い機会ですし、疑惑を晴らすためにも私(Ristel)の過去を少し振り返ってみようと思います。

続きを読む

Heroic Thok the Bloodthirsty kills

Wow-HeroicThoktheBloodthirsty

gear checkというか、この辺になるとgearはもう既に大分揃っているので、きっちりgearに見合った役割が出来ているかどうかが重要だと思います。
難敵でしたが、各自がきっちり頑張れたのでそれほどwipeすることなく倒せた印象です。

基本的な流れはNormalと同じです。
Rest Shamanがいるのといないのとで難易度が変わるらしいですが、Shamanは基本的にcast healばかりなのでDeafening Screechの隙間に割り込んでhealするのが結構大変なようです。どうでもいいですが、我がRaidでRest Shamanは3人もいます(私を除く)。

  • Thokの足が速くなった。
    P2はうまくfixate対象を選べるようになると良いです(なんだかハズしてばかりでしたが)。足の速いhealerなど単独での生存能力の高いclassが適しています。
  • ThokがNPCを捕食するときに結構HPが回復するようになるので、Heal Cut Skillを使う(あれば)。
  • 2回目のP1でコウモリの群れが来るので、Off Tankはすかさずキャッチ。
    コウモリはHPを回復するskillを使うので、stunなどを使いつつ最優先で倒します。
  • 3回目のP1でランダムに突撃するYetiが追加される。
    が、放置。導線がraidを通る場合は死ぬので避ける。
  • DPSの都合上、Deafening Screechは20~29回まで粘る。
    30回目からDefensive CDを使っていないと即死のダメージですが、後半ほど大変になるのでなるべく粘りたいところです。
    phaseの移行は、複数人数がstackした状態で何人かが一定以下のHPになっていることが条件なので、raidを3グループに分けて距離を空けてグループ毎にstackするようにしてphase移行しないようにします。規程回数耐えたら集合してphaseを移行させます。
    Healing RainなどのAoE healに全員入る形でのstackになるので、丁度AoE Healの淵を三角形に各グループが位置することになります。
    コウモリphaseの時だけは、コウモリとdebuffが加わって死にやすいので、コウモリを処理する目処が立った段階でP2に移行します。

Warcraft Logs

試験的にWarcraft Logsはじめました。自己研究に役立てて下さい。

今のところPrivateログです。ログインが面倒臭いだとかでメンバーの了承が得られればPublicにするかもしれません。Privateのログを閲覧するにはアカウントの取得と(サイト内の)ギルドへの加入が必要です。当然ですが、加入はRaid参加者のみにして下さいね。

  1. アカウントを取得します。右上メニューの「Sign Up」から必要事項を記入します。
  2. 認証メールが送信されるので、URLを開きます。
  3. ログインし直します。
  4. 右上の自分の名前をクリックして、「Join a Guild」をクリックします。
  5. コードの入力を求められるので、Waのコード “15473/N318y9fD” (”ダブルクオーテーションは除く)を入力します。
  6. ギルドページから閲覧出来ます。

Member以上のランクの人は自分のログをGuildとしてアップロードすることも可能です。基本的に気がついたら直ぐにpromoteする予定です。
というか、うっかりログの取り忘れがあったりするので、何人かでやって欲しいのですが…

Combat Logの生成は簡単です。WoW起動中に次のように生成します。

  1. テキストチャットに /combatlog とタイプします。マクロを作っておくと楽です。
  2. ログ生成を終了するときもテキストチャットに /combatlog とタイプします。
  3. ログファイルはWoWインストールフォルダの”Logs”に WoWCombatLog.txt という名前で生成されます。
    このファイルは結構大きなサイズになる上に、どんどん追記されていくので、有効にしたままだと無駄なデータが増えていきます。アップロード毎に消すのが良いです。
  4. また、ゲーム内オプションのSystem->NetworkのAdvanced Combat Loggingを有効にしておくことで、キャラの動きなども記録されるようになります。要WoD?

ログをアップロードして解析結果を見るには以下の通りです。

  1. Warcraft Logsの右上の自分の名前をクリックして、「Download the Client」をクリックします。
  2. Adobe AIRが入っていない人はまずそれを、既に入っている人はクライアントのダウンロードを行い、インストールします。
  3. アプリを起動してログインします。
  4. Guildが指定されているか、VisibilityがPrivateになっているかを確認します。
  5. “Select a Combat Log File”からWoWCombatLog.txtを指定してアップロードします。Live Loggingの方は使ったことがないので不明。
  6. しばらくすると解析が終わるのでView Reportでページを開きます。

多岐にわたって解析結果を見られるので、色々と弄ってみて下さい。なかなか面白いです。